2012年10月26日

くるみをお迎え


DSC_0973.jpg
くるみの手術は元気に問題なくおわりました

きのうの車酔いがひどかったので、帰りは、名前はわかりませんがおそらく吐き気止めの注射をしていただき、ゆっくり30分裏庭で時間待ちして、乗車、出発しました。
出発後ほんの3分ほどのコンビニよって、「ひらめきもう吐いてもいいからおやつガムあげてみよ」と見たら、すでによだれだらけがく〜(落胆した顔)
コップ1杯の水をかけたように、無色透明でテカテカしたよだれでぬれてて、
ちょっとびっくりしてしまいした。
超低速走行してたんですけどたらーっ(汗)

たしかにゲロっと音はしなかったので、吐いてはないと思うですが、注射もあまり効かないってことかな?

車に乗ってすぐその状態だから、そもそも乗車することがダメなのか、動く乗り物がダメなのかダッシュ(走り出すさま)

トライアルには車で2時間半ほどかかるので、その時のために「セレニア」という、中枢神経に働きかける酔い止めのお薬を1回分もらいましたが、できれば使わないで済むようにしてあげたい。。。
けっきょく、、、その薬も効かないような気がするし(^_^メ)
(セレニアは、今まであった、鎮痛作用(睡眠薬みたいなの)はないそうであす)

帰宅し、また大判タオルで拭きまくったあと、自分で調べてみました。

*まず止まった車に自分から乗るように、大好きになるよう、普段から少しづつ慣らす。
*絶食して、乗せたらしっかり固定して揺れないように。窓を開けて風いれる。
*生姜湯を冷まして飲ませる。
*急停車、急発進しない。スローイン、ファーストアウト。

などが、ありました。
トライアルまであと2週間、車に乗せておやつ食べさせたり慣らすことからしてみようパンチ
DSC_0976.jpg
チーチー丸秘画像

DSC_0971.jpg
裏庭でわんことあいさつして、牙むかれるくるみ。この子は、病院の近くでドブに落ちてて、咬むので病院で保護して結局飼っているそうです。

DSC_0977.jpg
スタッフさんの飼っているコロちゃん(老犬)で、認知症がでているそうで、グルグル同じところをまわっておりました。バックができず、前進のみなんで、どこかに詰まると方向転換させてあげないといけないそうです。
若くて元気なくるみと対照的に、コロちゃんを見ていて、いろいろ考えてしまいました。
うちの犬がこうなったらどうだろう? または、私がこうなったらどうだろう?・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。